グローサポートの特徴

完全個別カリキュラムの
オンライン学習塾グローサポート

オンライン学習塾グローサポートは、完全個別カリキュラムでお子様の勉強をマンツーマンでサポートします。一人ひとりに合ったカリキュラムでテスト対策から受験対策まで幅広く対応。熟年の講師による徹底サポートにより、苦手なポイントを集中して改善します。

遊び心のあるオンライン教室

グローサポートでは、まるでゲームのような遊び心のあるオンラインでの仮想教室を用意しています。

Zoomなどのミーティングツールのみでは、お子様の集中力や学習意欲が向上しにくく、継続した学習が難しくなります。

グローサポートでは、そうした問題を解決するためにこのような遊び心のあるオンライン教室を準備しています。

一人で自習するときも、わからないことがあればすぐ先生に質問ができます。

グローサポートの授業方針

1、講師は生徒の能力を最大限に引き出すことを目標とする。

2、生徒の学力・性格に合わせて、きめ細かい指導を行う。

3、基本を大切にした指導を心がける。

4、生徒のつまづきの原因を生徒と共に考えて、その穴をふさぐ。適宜、つまづきの原因となっている分野にまで戻って指導する。

5、成功体験を積み重ねることによって、やる気を醸成する。そのため、生徒の学力や性格に合った問題選択を行う。分かったという感覚と、達成感を味合わせるような指導を心がける。

6、自主性を育てるように心がける。丁寧な個別指導により、依存体質が身についてしまうということのないように心がけること。

7、生徒が気軽に分からないことを質問できるような雰囲気づくりを心掛ける。

8、宿題を必ず出し、次回の授業の初めに確認を行う。授業の開始時には、必ず、前回の授業の要約をして、生徒の頭に基本的な知識を定着させるように心がける。

グローサポートの授業の流れ

グローサポートの授業の進行形態はおおむね次のようになります。

⓪ 挨拶

<時候のあいさつや、学校の様子、時には世間で話題になっていることなどを話して、気軽に授業に入っていくように心がける>

① 宿題の確認

 生徒は前回の宿題を表示して、先生と答え合わせを行い、間違った場合は、原因を探る。

※宿題は、授業の理解度の確認と基本知識の定着を目的としています。学力がある程度以上の生徒の場合は理解度は問題ありません。その場合は基本知識の定着が宿題の主たる目的となります。このようなレベルの生徒の場合は、どこか分からない問題はあったかという確認だけの場合もあります。

 (A)ケアレスミスが多い場合は、どうしてケアレスミスが発生してしまうのか検討する。

 (B)解き方の理解が不十分と判断した場合は、再度説明し、原因がその分野の更に基礎となっている分野の理解不足と判断した場合は、その原因の分野にまで戻って指導を行う。

② 当日の予定部分の説明をする

 先生のホワイトボードへの記述を生徒が見える状態で授業を進める(運筆のレベルで生徒に提示する)

 生徒の質問を受ける。生徒が十分に理解できたと判断したら、問題練習に移る。

③ 生徒の問題練習

 生徒が問題を解く(解いている状態が運筆のレベルで先生の側の端末に表示される)。

④ 生徒が問題につまづいている場合には、声掛けでヒントを与える。

 (A)声がけによる指導では難しいと判断したら、先生の運筆が確認できるレベルで、生徒に解き方の指導を行う。

関連記事

PAGE TOP